突然、堕ちてしまいました。日本の伝統音楽 津軽三味線ってどんなもの

津軽三味線ってどんなもの

突然、堕ちてしまって日本の伝統音楽である津軽三味線を習い始めようと、教室にアポをとって先生に会いに行ったのですが、その先生がまたまた予想を覆した方でした。それは、また書かせていただくとして、簡単に三味線について書いてみたいと思います、まあ、あまり馴染みはないと思いますがせっかくの機会ですので。

○大きさによる三味線の種類
一般的な太棹、中棹、細棹といった3つに分かれます。

沖縄や奄美地方で使われる三線(さんしん)と呼ばれるものは、本土のこれらよりももっと小さいです。私はもちろん、こんなことは全然知りませんでした。

太棹というのは大きい音を出すために、一番大きく作られています。津軽三味線や義太夫三味線などと呼ばれるものがあります。何故、津軽三味線でこの一番大きなものが使われるかというのは、その成り立ちに由来するもので、改めて書かせていただきます。

中棹は、常磐津や清元、地歌に対して使われます。また、一番細い細棹というのは、長唄の演奏なんかの際に使われます。みなさんのイメージの中の三味線って、細棹だったりするんだと思います。

○使われている材料って?
三味線の本体は主に胴部分と棹、そして胴部分の皮といった構成になります。

この一見違いがなさそうな部分で音、そして値段が変わってくるんです。胴はだいたい決まっているのですが、花林という木を使います。そして、革なんですが、みなさん、猫の皮だと思っていませんか。

細棹や中棹等の小さなものでは猫や犬の両方があるようなので間違ってはないのですが、津軽三味線では特に犬の皮を使います。犬の方が大きくて丈夫で厚みがあるからだと思います。合成皮革のものもありますが、やはり音が全然違います。そして、以外なのが棹、持ち手の部分です。あんなの音に関係なさそうな気がしますが大違いで、あそこが大事なんです。もちろん、花林や紫檀といったものもありますが、一番いいとされているのが紅木(こうき)と呼ばれるインド産のものです。この紅木、とっても重いんです。一説には水に沈むと言われるぐらい重いんです、そして高いんです。重いということは、それだけ密だということで、これが音の違いになってきます。ですから、津軽三味線はとんでもなく重いです。

○気になる値段は?
さて気になる値段なんですが、練習用のものならば安く4、5万ぐらいでもあるようなんですが、堕ちてしまった私は紅木でできた犬の皮を張ったものを当然チョイスしました。これだと、だいたい30万程度です、もちろん、これでもピンキリで、工芸品のようなものもありますが。そして、以外と高いのが撥(バチ)で、これもやはり鼈甲をあしらったものが弾きやすくて、3、4万はしたと思います。

 

まあ、けっこうな出費だったんですが、ちょうどその時、少し円安になっていて、その前に買っておいたドルの差益で、ちょうどまかなえるぐらいだったんですから、運命が味方したとしか言いようがありません、勝手な解釈ですが。

 

Writer by Mr.hiro 紹介ページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です