夫婦円満生活を送るための3つのアドバイス男性脳と女性脳を理解する

 

せっかく幸せに包まれた結婚生活だったのに何故か遠い存在になってしまい、コミュニケーションやスキンシップ不足、そしてそれがやがて寝室が別になりセックスレスや浮気といった夫婦生活の破綻に繋がるケースは何故おきるのでしょうか。

 

共働きが当たり前になった現在、夫婦生活を円満に送るための秘訣とはなんでしょうか。お互いに新たなルールづくりが必要なことは言うまでもありませんが、その前提として男性として、女性としてのお互いの特徴をよく心得ておくことが最も必要なことです。

 

そうすることが、会話を弾ませ、よく問題となる子供の育て方についての意見の対立や旅行中の喧嘩などということを防止することにも繋がります。そのためには、何よりも相手はもとより自分自身の感情や行動の源となる脳の仕組み、傾向についても理解しておくことが大事です、男性脳、女性脳といわれるものです。

 

 

では、それについて見ていきましょう。

男性脳、女性脳とは?

よく言われるのが、男性脳、女性脳と呼ばれる脳の構造の違いです。男性的な脳とか女性的な脳と言った方がいいのかもしれません。男性脳の特徴として、「論理的で直線的な思考」「競争好きで冒険心に富む」「シングルタスク」と言ったことがあげられます。逆に、女性脳の特徴としては、「感情的で直観力に基づく思考」「平和好きで安定志向」「マルチタスク」といったことがあげられます。これらは、論理的なことに関連する左脳と感情的なことに関連する右脳を繋ぐ脳梁と言われる部分のボリュームが女性脳の方が太いからとも言われています。これらを知ることであなたが普段抱いていた相手に対する疑問が解決することに繋がるかもしれません。

買い物をするだけでもこんなに違う男女

男性脳と女性脳の違いが具体的な行動としてはどんなところに現れるのでしょうか。「買い物」という簡単な行動ひとつをとっても違いが見られます。男性脳の場合は、目的と結果が直線的に結びつきます。そして選ぶ際には、例えば周りの人や商品との比較検討という競争に勝ったものを選ぶということになります。逆に、女性脳の場合は目的と結果を結び付ける行為のなかに、プロセスが非常に大事な要素となります。いろんな要素を脳の中にインプットして、そして「直感」で選ぶ感じになります。このようなことを知っておくと、お互いの行動に対して理解が可能となるのではないでしょうか。

現在は、男性は女性脳化、女性は男性化が進行中

そんな男性脳、女性脳ですが、男性だから男性脳、女性だから女性脳とは限りません。共働きに見られるような女性の社会進出や男性の職業を取り巻く環境の変化に基づく、男性の女性脳化、女性の男性脳化が進んできているのも事実ですから、このあたりも理解しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です