自分自身を知る手段としてあらゆる心理学を有効的に利用する方法

人生を豊かに過ごすために最も必要なことは、自分自身を深く理解することです。

そして、心理学を利用することで手軽に自分自身を知るきっかけを作ることができます。

 

今回は、心理学の有効的な利用方法を考えてみます。

心理学とは状況に対して人の心の変化を科学的に分析した学問である

・「psycho」+「logy」=「psychology」心の学問である

心理学は、
英語では「psychology」サイコロジーと表現します。
精神や心の意味である「psycho」サイコ+学問の意味である「logy」ロジー
を組み合わせた言葉です。

また、「psycho」は、もともと「Psyche」プシュケという心や霊魂といった意味をもつギリシャ語から来ているといわれていることから、心の学問であると言えます。

人々の心の動きを実験や統計を取ることで分析する「基礎心理学」とそれらから得た情報を日々に役立てるための方法を研究する「応用心理学」の2種類に分類されています。

心理学は、自分を知るための自己分析ツールである

・心理テストを利用すれば、自己分析することが出来る

心理学は、日本人が大変好んでいる学問ですが、心理学と言っても、大量の書籍があり、様々な表現方法で出版されています。また、心理学に関する資格も数多く存在していることを考えても、人が生活していく中で、とても重要な分野なのだとわかります。

また、心理学を自分自身にあてはめて上手に活用することで、自分の心のサイクルを認識できるようになったり、自分のやるべきことが明確になるなど自身の生活に良い影響を与えることが出来るようになります。

心理学を私たちが利用しやすくしたものが心理テストです。遊び程度のものも数多く存在していますが、気になる心理テストを利用することで自身を知る手掛かりになるでしょう。

心理テストを利用して自分自身を多方面から観察する方法

①結果を自分で納得したか。またその理由。
②心理テストの設問内容について考える。
③結果を日々の生活に反映させる方法は。

④他の人はどのような結果になるのか。

自分自身を知る手掛かりとして、手軽に出来るのが心理テストです。今では、色々な心理テストがありますが、結果を自分自身に多方面から当てはめることで、自身をより理解することに役立ちます。例えば、ある結果が出たとします。その際に、①~③を参考に、心理テストの結果を様々な角度から観察することにより、自分のことがより明確に見えてきます。

また、④のように他人の結果に焦点を当てて、自分と相手を比べることでより自分自身を理解することにつながります。

多様な社会に適応するためにも心理学を利用して自分自身をより深く理解し、自分にとって何が必要で何が不要なのかを明確にすることが大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です