人生もゴルフも真ん中を歩きたい 4.どうして日本人で美人なゴルファーが大成しないのか

 

人生もゴルフも真ん中を歩きたい 4どうして日本人で美人なゴルファーが大成しないのか

プロゴルファーと言われて頭に浮かぶのは、もちろんテレビなんかに映る賞金をかけてトーナメントを戦うゴルファーですよね。実際には、それはほんの一部でほとんどは、レッスンやその他の仕事で生計を立てておられるんだと思います。華やかプロゴルファーの世界でも、最近は特に女子ツアーの人気が盛んですよね。そんな女子ツアーについて思うことがあるんで書いてみますね。

○女子ツアーが人気なのは?

 昔は、はっきりいって男子ツアーの方が人気でした。AONと呼ばれた尾崎将司さんや青木功さんや、中嶋常幸さんといったヒーローがいた時代です。そのあとも、確かに石川遼選手や松山英樹選手といった存在は出てきましたが、何故か盛り上げりません。それに比べて、女子は試合数も増えて賑わっています。その原因は、やっぱり、ツアー全体としてほんとに真剣にファンサービスを考えたからだと思います。確かに一部のスター選手に牽引された部分もあるかもしれませんが、いろんな選手がそれぞれのファンを掴んだからだと思います。自分のファンを掴むというのは、何よりも大切な気がします。

○日本人で美人プロとかいわれた途端にダメになっていくのは?

 そんな隆盛を極めている感のある女子ツアーですが、いつも思うことがあります。それは、けっこうルックスのいい女子プロに限って、いい成績を残したと思ったら、すぐに消えていくことです。やっぱり、なまじっか、見た目がいけてるからって、少しいい成績を残したぐらいでマスコミに取り上げられたり、スポンサーがついたりしてしまうのが原因のような気がします。そりゃあ、必死になって辛いトレーニングをして、試合でも胃袋が飛び出すような思いをしながら、それに打ち勝つことに比べたら、簡単に言えば、楽にかせげちゃいますもんね。でもね、やっぱり、それはいつまでも続かない、彼女達がホントに磨かなければいけないものは何なんだろう思います。

○韓国人のプロはどうしてあんなに綺麗で、そして強いのか?

 それに比べて、韓国勢に代表されるような外国から来ているプロの強さは何なんでしょうか。もちろん、強いだけでなく、「スマイル・キャンディー」と呼ばれるイ・ボミ選手や「スマイルク・クィーン」と呼ばれるキム・ハヌル選手、「セクシークイーン」ことアン・シネ選手等見てるだけでも惹かれる選手もいます。それを「欲」と言えばそれまでですが、徹底しているところが凄いです。技術と見た目、それにファンサービスまで徹底しているんですよね。ほんとの意味でのプロだと思います。

ちょっと、ゴルフはゴルフでもプロ、それも女子ツアーについて、ちょっとオジサン目線も交えながら見てみました。まあ、きっとみんな頑張ってはるんでしょうけどね。

 

 

Writer by Mr.hiro 紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です