大好きなことを仕事にすることは豊かさを身近にするのか遠ざけるのか

「大好き」なことを仕事にするとは?

大好きなことを仕事にするって、素敵なことですよね。でも、そんなことができる人ってごくわずかな限られた人だと思っている人が多いかもしれません。今回は、大好きなことを仕事にすることについて、利点や問題、課題を考えてみました

「大好き」なことを仕事にするとはどういうことなのか

・歌が好きだから歌手になる という 直接的なものだけではない

好きなことを仕事にするっていっても具体的にはどういうことなんでしょう。例えば、花が好きだから花屋さんになるとか、食べるのが大好きだから料理人になるとかいうのはイメージがしやすいと思います。

しかし、音楽が好きだったとしても、それが具体的に仕事に繋がるのかイメージしにくい場合もあると思います。直接、音楽家になるという直接的なものだけなく、音楽に関係する仕事につく、あるいは音楽が身近にある仕事につくといったらイメージがわくのではないでしょうか。

ほとんどの人が一度は経験がある仕事の選び方の現状とは?

・特別やりたいことが無いけど生きるために仕事をしなければならないから仕方なく選ぶ

では、人が仕事を選ぶ際には、どのような方法があるのでしょうか。「生きていくために仕事はしなければいけない、でも特段やりたい仕事があるわけではないので、とりあへずどうしてもやりたくないものを排除して、残りのなかから探してみよう。」のような場合も少なくはないでしょう。

そして、仕事を続けていくうちに、「これでいいのだろうか?」と疑問をいだきながらも、なんとなく仕事をこなしている、という方が多いのではないでしょうか。

「大好き」なことを仕事にしたときに得られる利点と課題点とは

利点

・「大好き」なことが出来る仕事は、モチベーションがあがり、楽しく取り組むことが出来る

好きなことを仕事にできれば、やはり仕事に対するモチベーションのようなものが違ってきます。ひとつひとつのモノゴトに対しての興味の持ち方が違ってきますから、妥協点を見出すのではなく深く考えて、仕事をしていけるのが何よりもいいですよね。

困難にぶちあたっても、突破しようという意欲も沸いてくるかもしれません。それに単純なことですが、好きなことが身近になるだけで、毎日の気持ちのあり様が違ってくるように思えますよね。

課題点

・好きなことを商品レベルまで仕上げるクオリティが必須でありそのための技術が必要

好きなことを仕事にするといいことづくめのようですが、そうとは限りません。仕事ですから当然、他人が求めるクオリティーを満たす必要がありますし、周りとの競争もあるかもしれません。好きなだけではそれを仕事としてやっていけるとは限らないのも事実です。そこには必ず苦労というものがつきまといます。

「大好き」は大好きなことをすることで自分が安らげる場所として、いわゆる趣味として残しておくと良いと言われることがある。そして、「好き」を仕事にするよりも、「得意」を仕事にした方がいい、場合もある。

得意をお仕事に変えるおすすめ教材

新世界アフィリエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です