現在の男女は、考え方が真逆になっている(男性のメス化、女性のオス化)

現在の男女は、考え方が真逆になっている(男性のメス化、女性のオス化)

夫婦円満のために、男性脳と女性脳について見てきましたが、現在取りざたされるような共働きによるすれ違いやセックスレス、子供の教育方針をめぐる対立等について考えていくと、単純に男性が男性脳を持っていて女性が女性脳を持っているという図式だけでは解決できないものがあると思います。男性でも女性脳を持っていたり、女性でも男性脳を持っていたりすることもよくあります、もちろん、両方が入り混じっていたりもします。夫婦関係を円満に運ぶためには一方踏み込んで、そのあたりについても理解しておくことが必要です。

男性のメス化、女性のオス化ってどういうこと?

「草食系男子」とか「オッサン女子」みたいな言い方としますよね。少し極端かもしれませんが、こういった要素を持った男性や女性が増えているようです。もともと、男性や女性というものに対して描かれていたイメージとは違い「男らしい」とか「女らしい」といわれていたものが混在する状態になってきているようです。休みの日には一人、部屋で手芸なんかをする男性や仕事終わりに一人で立飲み屋に立ち寄れる女性も珍しくなくなりましたよね。

○男性のメス化、女性のオス化の原因は?

では、どうしてそのようなことになってきたのでしょうか。一番大きいのは社会構造の変化で、求められる人間像みたいなものが変わってきたことだと思います。例えば、男性の職場の象徴みたいなモノづくりひとつをとってみても、昔なら寡黙で一心不乱に仕事をしているイメージがありますが、今は、違います。ニーズの多様化や変化への対応等しなければならないことが多くなったため、昔ながらの男性脳的なモノゴトの進め方だけでは生き延びることができなくなってきているのが現実です。逆に今のように家事や育児の分担が当たり前になった状況では、ずっと専業主婦をしていては、もしものリスクへ対応ができなかったり、自分自身の欲求を満たすことができなくなっている面もあります。このように社会構造の変化に対応するために、男性のメス化や女性のオス化が進んで行っているといっても過言ではないです。

○夫婦円満のためには

ですから、これからの時代の夫婦円満の秘訣としては、男性脳や女性脳といった元々お互いがもっていた要素を知ることはもとより、男性のメス化や女性のオス化に伴って変わってきている自分達のことをよく知り、それに合った生活スタイルを大切にしあうというのがとても重要になってくるでしょう。既存の価値観だけでなく、自分達の特徴を活かした夫婦円満に向けてのルールづくりに取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です